ARTIST 小林 慶子 刺繍製品の製作者 | AKAN AINU ARTS & CRAFTS → NEXT

ARTIST 小林 慶子 刺繍製品の製作者

All play
Scroll

刺繍製品の制作者。
昭和47年、結婚を機に阿寒湖アイヌコタンへ移住。阿寒アイヌ協会や阿寒アイヌ民族文化保存会に入会して、アイヌ文化の伝承に努める。役員の職務にあたるのみならず、指導者として後継者育成に尽力する。
古式舞踊やユーカラ劇等、北海道外や海外での公演にも参加するほか、植物の採集、加工、保存、調理、刺繍の文様やデザインの知識や技能を習得し、特にアイヌ文様を取り入れた商品開発に携わる。
また、アイヌコタンにてタペストリーや着物を扱う「ユックレップの店」を営んでいる。

インパクトある作品を目指す小林さんが最もこだわっているのは色だ。伝統的なアイヌ文様も、色によってさまざまに表情を変える。特によく使う色は赤色。生命力を感じる色であり、デザインの上でも全体がしまるので手にする人の心にも響きやすいと感じている。
紺色や白色を基本色とするアイヌ文様の刺繍だが、カラフルになってきたのは時代とともに外から色が入ってくるようになったからだろう。色鮮やかなアイヌ文様は、年齢や国籍を問わず多くの人を惹きつけ、その文化をゆるやかに広めている。

小林さんは、アイヌの特徴として「人」を挙げる。旅行で訪れて、そのまま住みつく人が多いのは、アイヌの友好的な人柄のためだろう。アイヌの訪れる人を拒むことなくナチュラルに受け入れる姿勢が居心地の良さにつながっているようだ。

Profile

結婚を機に移住した阿寒湖アイヌコタンで、アイヌ文化の継承に尽力。自身も刺繍作家として多くの作品を生み出している。2015年北海道アイヌ協会より優秀工芸師の認定を受ける。
◆2018年 第22回アイヌ文化奨励賞

Info.

ユックレップの店

北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-17